Victoria stone official site ビクトリア・ストン公式サイト

Victoria Stone Official Site

- by the former-staff of Iimori Laboratory -
元飯盛研究所スタッフによるビクトリア・ストン公式サイト
飯盛研究所は1990年始め頃まで操業していました。この時代はまだインターネットが無かったので、ネット上には飯盛研究所発の情報はありません。そのため「飯盛博士はビクトリア・ストンの製造方法をだれにも告げないまま亡くなったのでもう作れない」などの都市伝説が生まれることになりました。しかし、これは真実ではありません。製造方法は現在厳重に保管されています。理論的にはいつでも製造を再開することは可能です。しかし、飯盛博士のオリジナリティを尊重するため、製造方法は永久に封印されました。今後製造が再開されることはありません。ダイヤモンド、ルビー、サファイアなどの天然石は採掘が続けられて市場には一定量が補充され続けてていますが、ビクトリア・ストンは1990年までに製造したものがすべてです。そのため人工宝石ながら天然石より希少性が高くなっています。このサイトは飯盛研究所がインターネット時代に存在していたら、こんな感じで情報発信していただろう、という仮想の公式サイトです。ビクトリア・ストンの素晴らしさを感じ取ってください。
The Iimori Laboratory had operated until the early ‘90s. Since the internet system was not popular in those days, the information from the laboratory was limited and only for the customers.
It causes the creation of various stories such as Dr. Iimori had never told anyone how to manufacture the stone. That’s not true. The recipe completed by Dr. Iimori has been sealed and kept in the family since when the laboratory was closed.
The re-creation could be possible, however the family prefer not to restart the operation and to keep the value of Dr.’s original creation. For the time being the documents of the former laboratory also have been kept and the organization would be needed. Most of those documents are presented in the Wikipedia article as “飯盛里安” in Japanese version, “Satoyasu Iimori” in English version (the English version is very simple though).
This is the website to present the former laboratory would have made, by the former staff and the family with the collection of those genuine things. All contents and images are belonged to the family and reproduction prohibited.
飯盛研究所のパンフレットから
フォトギャラリー・ルース《Photos : Cabochon stones》
フォトギャラリー・ジュエリー《Photos : Designed jewelries》
合成猫目石とメタヒスイ
変彩性軟玉ヒスイの話
天然のビクトリア・ストン
3Dでビクトリア・ストンを見る《3D-Photos》
動画で変彩性効果 (シャトヤンシー) を見る《Movie : Showing chatoyancy》
このサイトの中の画像・文章の転載を禁じます

このサイトは著作権者が運営しています。



アクセスカウンター